腎臓内科

「糖尿病性腎症重症化予防プログラムに向けた対応」

~糖尿病に関わる全ての医療関係者様・蛋白尿を指摘された糖尿病患者様へ~

現在、腎不全に至ってしまう原因の腎疾患の第1位は糖尿病性腎症 (糖尿病性腎臓病)です。その名のとおり、糖尿病を原因として発症し、そして重症化してしまう病気です。症状はほとんどないため、放置されてしまったり、あるいは検査を受けていないと見過ごされてしまったり、あるいは途中で治療を中断してしまって悪化してしまうケースも数多く見受けます。

そこで今、糖尿病性腎症重症化予防プログラムが日本全体で実施されようとしています。

参考

当院では糖尿病内科と腎臓内科が協力して、糖尿病性腎症重症化予防に積極的に取り組んでいます。

アンケートにご協力ください