整形外科医長:勝見 明

dfmain

勝見先生が医師を志したきっかけを教えてください。

中学生の頃はスポーツ少年でしたが、あるとき、とても腰痛が強くなり、スポーツの継続ができない程になりました。整形外科の病院を受診し、結局入院をすることになり、いろいろと治療を受けた際に、医師や、看護師さん、リハビリの理学療法士さん、等に大変御世話になり、それをきっかけに医師になりたいと思うようになりました。
その後千葉大学医学部に入学し、医師となりました。
スポーツ選手の助けになりたいという思いもあり、スポーツ医の資格をとりました。
またスポーツの現場での医療を実践しており、現在はバスケットボール男子日本代表の海外遠征時の帯同ドクターもしています。

整形外科はどんな病気をみるのでしょうか?先生の専門と得意分野を教えください。

専門は整形外科です。骨や運動器の専門の科です。
分野としては膝関節疾患や、スポーツ診療、膝内視鏡治療を得意としています。
具体的には手術では、半月板損傷や、関節内遊離体、等の治療を行っています。
また保存的治療にも力を入れています。
その他では一般的な骨粗鬆症等の治療や相談等も行っております。

これから受診をしたいと思っている方にメッセージをお願いします。

整形外科は骨や運動器を扱う科です。歳と共にでてくる様々な体の不調の中でも、膝が痛い、腰が痛いなど、また骨がもろくなっていないか心配だとか、スポーツで手や足腰などを痛めてしまったなど、
生活の質に関わるような症状を扱っています。
より良い生活の質を向上させるため、是非相談にいらして下さい。

sub2

アンケートにご協力ください