院長あいさつ

院長挨拶 新井公人

国立病院機構千葉東病院のホームページにようこそ。

平成27年4月1日に院長を拝命致しました新井公人です。 当院について、紹介させていただきます。

千葉東病院は、内科、小児科、外科等の連携による透析・移植を含む腎疾患の総合的な治療のほか、内科系では結核を含む呼吸器疾患、糖尿病・内分泌代謝疾患、アレルギー・膠原病を、外科系では肝胆膵・消化器外科、整形外科、眼科、形成外科などの診療を行っています。また他の設立主体では対応が困難な神経難病、重症心身障害に対して、セーフティネットの基幹病院としての機能を果たしています。

我が国の医療政策の基本方針では、医療や介護が必要な状態になっても、できる限り住み慣れた地域で安心して生活を継続できるようにしていくことが重要とされています。平成28年度の診療報酬改定においても、地域包括ケアシステムと在宅医療重視の考え方が盛り込まれています。当院では、上に掲げた専門的な医療を行いつつ、地域の皆様のニーズにも十分に応えられるよう、周辺の医療機関と連携を取り、地域の医療を支えてまいります。

皆さまに提供する医療の質に関して、日々向上の努力を続けることは医療機関の責務です。当院では、臨床研究部を中心に新薬開発のための治験やNHO病院間での多施設共同研究を積極的に進めております。また、次世代を担う医療者の育成にも力を入れており、NHO千葉県4病院共同での初期臨床研修医の育成や専門医育成支援、敷地内の淑徳大学看護栄養学部(平成19年に看護学部を誘致、24年に改組)を中心とした看護学生の受け入れを行っております。当院を巣立った良質な医療者が、千葉県をはじめとして全国で活躍されることを願っています。

最後になりましたが、当院の理念にありますように、職員一同、十分な説明と同意に基づく安全で質の高い医療を提供し、地域に信頼される病院を目指してまいりますので、皆様のあたたかいご支援を心よりお願い申し上げます。

アンケートにご協力ください