院長あいさつ

院長挨拶

令和2年4月1日に院長を拝命致しました西村元伸です。この場で、あいさつを兼ねて、千葉東病院の紹介をさせていただきたいと思います。
千葉東病院は、神経難病(脳神経内科)、重症心身障害(小児科)に対する、いわゆるセーフティーネット医療の基幹施設としての機能を担っているとともに、腎臓病(腎臓内科、小児科、外科、病理診断)、糖尿病(糖尿病内分泌内科)、リウマチ・膠原病(リウマチ・アレルギー科)などの慢性疾患を持病として持つ患者様の管理・治療を行っております。更に、循環器内科、消化器内科、消化器外科、整形外科、形成外科、眼科、歯科が加わり、総合的な医療を行える体制を整えております。
これらの慢性疾患・持病を改善させること、進展を遅らせること、リハビリの実施、医療・介護に関する相談にのることなどで、ADL(身体活動性)、QOL(生活の質)を維持・向上させることが、私どもの得意とする分野であります。そして、ここで大切なのは、それぞれの分野で「レベルの高い医療を提供するとともに、「面倒見の良い医療」を提供することであると考えております。
このために、私たちは、まず皆様に対する医療をできるだけ千葉東病院で完結できるようにしたいと考えております。しかし、必ずしも全ての医療を一つの施設で行うことはできません。千葉東病院で行いにくい医療に関しては、(1)機能を有する基幹病院との連携、(2)訪問診療、訪問看護を依頼できる、かかりつけ医、訪問看護ステーションとの連携をしっかり持ち、紹介、橋渡しを円滑に行える体制を築き、患者様、家族の皆様に不自由、不便を感じさせない体制を作る事を目指します。連携以外でも、患者様の要望、希望を常に意識し、「面倒見が良い」と思っていただける病院を目指したいと考えております。
千葉東病院は、皆さまに提供する医療以外に、医療の人材育成、臨床研究でも医療に貢献しております。医師に関しては初期臨床研修医の育成や専門医育成にあたっております。また、敷地内の淑徳大学看護栄養学部を中心とした看護学生の実習、その他の職種のメディカルスタッフを目指す学生の実習を受け入れております。そして、臨床研究部を中心に、全国141の国立病院機構の施設のネットワークをいかした多施設共同研究をはじめとする数々の臨床研究、新薬開発のための治験を積極的に進めております。この教育、臨床研究は、直接的ではありませんが、間接的に皆様のお役に立てることと認識しております。
以上のことを念頭に、全職員が一丸となって患者様に、そして地域に信頼される病院を目指してまいりますので、ご支援よろしくお願いいたします。
令和2年4月   院 長  西村 元伸

アンケートにご協力ください