ドナーコーディネーター

宮﨑 麻里子

臓器移植とは、病気や事故などで臓器の機能が低下し、不自由な生活を強いられたり、亡くなったりする方にとって唯一の治療法で、第三者の善意による臓器の提供がなければ成り立たない医療です。
移植コーディネーターには、臓器を提供する方と移植を受ける方に関わるコーディネーターがいますが、私は、臓器を提供する方に関わっています。
2010年7月17日に改正臓器移植法が全面施行され、生前に書面で臓器を提供する意思を表示している場合に加え、ご本人の臓器提供の意思が不明な場合も、ご家族の承諾があれば臓器提供できるようになりました。ご家族から臓器提供の申し出があり、コーディネーターからの説明を希望する場合に、初めてご家族にお会いします。臓器提供に関する十分な情報提供を行い、ご家族が臓器提供を承諾することも拒否することも尊重し、自らの意思で判断できるよう支援することが重要な役割となります。臓器提供を決断された場合には、臓器提供が円滑に行われ、移植につながるよう調整をします。
また、県民、医療機関に対する臓器提供、臓器移植に関する普及啓発や医療機関の臓器提供体制の整備を支援しています。
「臓器を提供したい」「誰かの役に立ちたい」という最期の望みと「本人の意思を叶えたい」というご家族の思いを叶える為のお手伝いができればと思います。

アンケートにご協力ください