腎ミトコンドリア研究室

室長:今澤俊之(診療部長、腎センター長併任)
Toshiyuki Imasawa MD, PhD

 

本研究室は日本で初めて(おそらく世界初?)の腎臓に特化したミトコンドリアの研究室です。ミトコンドリアは細胞の「エネルギーの通貨」ともいわれるアデノシン3リン酸(ATP)を産生する非常に重要な細胞内器官です。また生体内での実際のミトコンドリアは学校の生物の授業で習うような俵型で存在しているのではなくではなく、互いにくっついたり離れたり(mitochondrial dynamics)しながら網目状の緻密なネットワークを築いています(図1)。

細胞が正常に機能し、あるいは形態を維持するためにはミトコンドリアにおいて必要充分なエネルギー(ATP)が適確に産生され、また細胞内の適切な場所へとATPが運搬される仕組みがなければなりません。これまで腎臓学領域においてこのミトコンドリアのエネルギー・システムがどのように働き、また様々な腎疾患とどのように関わっているかは未知の状態でありました。

々のこれまでの検討で、多くの糸球体疾患に関わる糸球体上皮細胞(ポドサイト)におけるエネルギー代謝機構が少しずつわかりつつあります。また、現在透析導入原因の第一位となっている糖尿病において、ポドサイトのエネルギー代謝機構が変化することも分かってきました(Imasawa T. FASEB J 2017)。他にもミトコンドリアの遺伝子異常や機能異常が腎臓病のいくつかの病態に関わることがこれまでの検討からは推定しています。まだこの分野の研究は始まったばかりですが、将来的にはミトコンドリアのエネルギー代謝機構をコントロールすることで、これまで有効な治療法がなかったいくつかの腎疾患の新たな治療法開発につなげていくことができると考え、研究を遂行していきます。

また当研究室での研究は私が平成22年7月~平成23年9月まで在籍したフランスBordeaux大学MRGM研究所や国内の研究施設や病院と共に進めています。共同研究等の申し込みを含め、ご質問等は当研究センター事務室の方までご一報ください。またミトコンドリアの研究のみならず、実地臨床での疑問から研究実施可能なクリニカル・クエスチョンへと練り上げ、そして臨床研究を実施していくことで腎疾患医療への貢献を果たすことも重要視しております。

全国にある国立病院機構の病院のご協力を得つつ大型の臨床研究(PRONEP study:http://www.hosp.go.jp/~chibae2/rinsyou/section/sec_12_20140218.pdf)も実施し、徐々に論文発表等で成果を公表してまいりました(追加論文作成中)。また当院は国内ナンバーワンの腎生検数を有しており、倫理的配慮を怠ることなく、それらのデータを腎疾患医療の更なる充実のために活用し、対外的に発信を続けています。臨床研究そして基礎研究を一緒に進めたい特に若手の医師の方の募集も現在受け付けております。

全ての腎疾患領域において高水準の医療を提供できる体制を敷いている当院腎・糖尿病センターでの診療を行いながら、一緒に研究をしていきましょう。

研究責任者略歴

平成4年                   名古屋大学医学部卒業
平成4年~平成7年   東京都済生会中央病院内科研修医・専修医
平成10年12月      東京慈恵会医科大学大学院修了
平成17年1月~                       千葉東病院勤務
平成24年7月~平成25年9月 仏国ボルドー大学MRGM研究所に長期研究休暇

図1:培養した糸球体上皮細胞のミトコンドリア・ネットワーク(MitoTracker染色)

本研究に関連する獲得研究費

平成28年度〜平成30年度

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
低出生体重個体の腎症発症機序におけるミトコンドリア機能異常の関与についての研究
(研究代表者 今澤)

平成27年度~平成31年度

日本医療研究開発機構(AMED)創薬基盤推進事業・産学官創薬共同研究プロジェクト「多層的オミックス解析による、がん、精神疾患、腎疾患を対象とした医療技術開発」(略称 GAPFREE)(分担研究者 今澤:研究代表者 国際医療センター研究所所長 清水孝雄)

平成27年度~28年度

ちば県民予防財団調査研究事業
千葉県における腎疾患動態把握による透析患者数削減へ向けた戦略立案
(研究代表者 今澤)

 

平成26年度~平成28年度

国立病院機構ネットワーク共同研究(課題番号H26-NHO糖尿-01)
慢性腎臓病(CKD)進展を予測するための新規診断法の確立
(研究代表者 今澤)

 

平成24年度~平成26年度

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
低出生体重個体における腎症発症機序の解明:特にミトコンドリアの関与について
(研究代表者 今澤)

 

平成22年度~平成25年度

国立病院機構ネットワーク共同研究(糖尿病グループ)(課題番号61)
慢性腎臓病(CKD)進展を予測するための新規診断法の確立
(研究代表者 今澤)

業績

Imasawa T (corresponding author), Obre E, Bellance N, Lavie J, Imasawa T, Rigothier C, Delmas Y, Combe C, Lacombe D, Benard G, Claverol S, Bonneu M, Rossignol R
High glucose repatterns human podocyte energy metabolism during differentiation and diabetic nephropathy
FASEB J. 2017; 31: 294-307

Nakazato T, Ikehira H, Imasawa T.
Determinants of renal shape in chronic kidney disease patients.
Clin Exp Nephrol. 2016; 20: 748-756

Igari H, Imasawa T, Noguchi N, Nagayoshi M, Mizuno, Ishikawa S, Kadomura M, Nishimura M, Yamagishi F
Advanced stage of chronic kidney disease is risk of poor treatment outcome for smear-positive pulmonary tuberculosis
J Infect Chemother 2015;21:559-563

Imasawa T (corresponding author), Tanaka M, Maruyama N, Kawaguchi T, Yamaguchi Y, Rossignol R, Kitamura H, Nishimura M
Pathological similarities between low birth weight-related nephropathy and nephropathy associated with mitochondrial cytopathy.
Diagn Pathol 2014 9(1): 181.

Nozu K, Vorechovsky I, Kaito H, Fu XJ, Nakanishi K, Hashimura Y, Hashimoto F, Kamei K, Ito S, Kaku Y, Imasawa T, Ushijima K, Shimizu J, Makita Y, Konomoto T, Yoshikawa N, Iijima K.
X-Linked Alport Syndrome Caused by Splicing Mutations in COL4A5.
Clin J Am Soc Nephrol. 2014 Nov 7;9(11):1958-64

Imasawa T (corresponding author), Tanaka M, Yamaguchi Y, Nakazato T, Kitamura H, Nishimura M.
7501 T>A mitochondrial DNA variant in a patient with glomerulosclerosis
Ren Fail 2014 Oct;36(9):1461-5

Kawamura T, Yoshimura M, Miyazaki Y, Okamoto H, Kimura K, Hirano K, Matsushima M, Utsunomiya Y, Ogura M, Yokoo T, Okonogi H, Ishii T, Hamaguchi A, Ueda H, Furusu A, Horikoshi S, Suzuki Y, Shibata T, Yasuda T, Shirai S, Imasawa T, Kanozawa K, Wada A, Yamaji I, Miura N, Imai H, Kasai K, Soma J, Fujimoto S, Matsuo S, Tomino Y.
A multicenter randomized controlled trial of tonsillectomy combined with steroid pulse therapy in patients with immunoglobulin A nephropathy.
Nephrol Dial Transplant. 2014 Aug;29(8):1546-53

Imasawa T (corresponding author), Rossignol R.
Podocyte energy metabolism and glomerular diseases.
Int J Biochem Cell Biol. 2013 Sep; 45(9):2109-18

Imasawa T (corresponding author), Fukuda N, Hirose S, Kato N, Shinya Suganuma5, Yamamoto R, Kimura H, Kadomura M, Nishimura M, Yoshimura M, Ikei S
Hemodialysis patients born with a low birth weight should have a different time course of kidney diseases than those born with a normal birth weight.
Ther Apher Dial. 2013 Jun; 17(3):293-7

Imasawa T (corresponding author), Kitamura H, Nishimura M, Kawaguchi T, Takata K, Yoshino T, Sugisaki Y

Lupus nephritis class I accompanied by tubulointerstitial nephritis with marked T-lymphocyte infiltration in a HTLV-1 positive patient.

CEN Case Rep 2013 May 1; 2(1):90-97

 

Imasawa T (corresponding author), Nakazato T, Ikehira H, Fujikawa H, Nakajima R, Ito T, Ando Y, Yoshimura M, Nakayama M, Yahata K, Sasaki O, Yaomura T, Katafuchi R, Yamamura T, Kawaguchi T, Nishimura M, Kitamura H, Kenmochi T and Shimatsu A.

Predicting the outcome of chronic kidney disease by the estimated nephron number: The rationale and design of PRONEP, a prospective, multicenter, observational cohort study

BMC Nephrology 2012 Mar 10;13(1):11.

 

Imasawa T (corresponding author), Nakazato T.

Association between the rate of low birthweight newborns and the incidence of end-stage renal disease in 47 prefectures in Japan.
Clin Exp Nephrol 2012; 16(4):617-21

Imasawa T (corresponding author), Nakazato T.
The status of board-certified nephrologists of the Japanese Society of Nephrology among 47 prefectures.
Jpn J Nephrol. 2010; 52: 1015-1021

Imasawa T (corresponding author), Koike K, Ishii I, Chun J, Yatomi Y.
Blockade of sphingosine 1-phosphate receptor 2 signaling attenuates streptozotocin-induced apoptosis of pancreatic beta-cells.
Biochem Biophys Res Commun. 2010, 392:207-11.

Imasawa T (corresponding author), Kitamura H, Ohkawa R, Satoh Y, Miyashita A, Yatomi Y.
Unbalanced expression of sphingosine 1-phosphate receptors in diabetic nephropathy.
Exp Toxicol Pathol 2010; 62: 53-60.

Imasawa T (corresponding author), Nishiwaki T, Nishimura M, Shikama N, Matsumura R, Nagai M, Soyama A, Koike K, Kitamura H, Joh K
A case of ‘pure’ preeclampsia with nephrotic syndrome before 15 weeks of gestation, in a patient whose renal biopsy showed glomerular capillary endotheliosis.
Am J Kidney Dis 2006; 48: 495-501

Yumura W, Imasawa T (corresponding author), Suganuma S, Ishigami A, Handa S, Kubo S, Joh K, Maruyama N
Accelerated tubular cell senescence in SMP30 knockout mice.
Histol Histopathol 2006; 21: 1151-1156

Feng D, Imasawa T (corresponding author), Nagano T, Kikkawa M, Takayanagi K, Ohsawa T, Akiyama K, Ishigami A, Toda T, Mitarai M, Machida T, Maruyama N Citrullination preferentially proceeds in glomerular Bowman’s capsule and increases in obstructive nephropathy.
Kidney Int 2005; 68: 84-95

Imasawa T (corresponding author), Utsnomiya Y
Bone marrow transplantation for the treatment of IgA nephropathy
Exp Nephrol 2002; 10: 51-58.

Miyata T, Inagi R, Nangaku M, Imasawa T, Sato M, Izuhara Y, Suzuki D, Yoshino A, Onogi H, Kimura M, Sugiyama S, Kurokawa K.
Overexpression of the serpin megsin induces progressive mesangial cell proliferation and expansion.
J Clin Invest 2002; 109: 585-593.

Imasawa T (corresponding author), Utsunomiya Y, Kawamura T, Zhong Y, Nagasawa R, Okabe M, Maruyama N, Hosoya T, Ohno T.
The potential of bone marrow-derived cells to differentiate to glomerular mesangial cells.
J Am Soc Nephrol 2001; 12: 1401-1409.

Miyata T, Charles van Ypersele de Strihou, Imasawa T, Yoshino A, Ueda Y, Ogura H, Kominami K, Inagi R, Nangaku M, Kurokawa K
Glyoxalase I deficiency is associated with an unusual level of advanced glycation end products in a hemodialysis patient
Kidney Int 2001, 60: 2351-2359.

Yamagishi H, Yokoo T, Imasawa T, Mitarai T, Kawamura T, Utsunomiya Y. Genetically modified bone marrow-derived vehicle cells site specifically deliver an anti-inflammatory cytokine to inflamed interstitium of obstructive nephropathy.
J Immunol 2001; 166: 609-616.

Kuriyama S, Tomonari H, Abe A, Imasawa T, Hosoya T.
Beneficial effect of combination therapy with an angiotensin II receptor antagonist and angiotensin-converting enzyme inhibitor on overt proteinuria in a patient with type 1 diabetic nephropathy.
Nephron 2000; 86: 529-530.

Imasawa T(corresponding author), Nagasawa R, Utsunomiya Y, Kawamura T, Zhong Y, Makita N, Muso E, Miyawaki S, Maruyama N, Hosoya T, Sakai O, Ohno T.
Bone marrow transplantation attenuates murine IgA nephropathy: role of a stem cell disorder.
Kidney Int 1999; 56: 1809-1817.

Imasawa T (corresponding author), Utsunomiya Y, Kawamura T, Nagasawa R, Maruyama N, Sakai O.
Evidence suggesting the involvement of hematopoietic stem cells in the pathogenesis of IgA nephropathy.
Biochem Biophys Res Commun 1998; 249: 605-611.

特許

(特許出願)発明者:今澤俊之、池平博夫、中里毅

出 願 日:平成26年(2014年)7月9日

出願番号:特願2014-141537

名  称:腎皮質体積の算定方法

 

(特許取得)発明者:今澤俊之、横山司甫

出願日:2009年7月29日

出願番号:2009-190494

登録日:2010年8月27日 登録番号:特許第4573188号

名称:抗NC1モノクローナル抗体

アンケートにご協力ください