先端医療研究室

先端医療研究室の概要

当研究室では特に膵臓移植、膵島移植に関連する有効な検査および試験的な治療を中心に研究している部門です。現在は治療に必要な画像診断部門を中心に研究中です。
現在、当研究室でも放射線医学総合研究所(NIRS及び千葉療護センター)と共同にFDG-PET検査による移植した膵島機能評価を研究中のより、画像評価が可能になり、有効な治療開発に役立つようになりました。

室長:大月 和宣

主な研究内容と目的

膵臓移植のうち生体膵臓移植では、膵臓の半分を提供する「ドナー」と、移植を受ける「レシピエント」において手術前に11C-methionine PET/CT を用いてドナーの提供する部分の膵臓と残す
膵臓の機能検査を放射線医学総合研究所(NIRS)と共同に実施しています。これまでの膵臓機能検査は、膵臓全体しか評価できませんでしたが、11C-methionine PET/CT によりこれまで不可能であった機能検査が可能になりました。

膵島移植では、これまで不可能であった移植膵島の画像による評価が可能になってきました。

現在、当研究室でも放射線医学総合研究所(NIRS)と共同にFDG-PET検査による移植した膵島機能評価を研究中であり、将来的には画像評価による検査を可能にし、有効な治療開発に役立つと考えております。

どのような先進医療でも「患者様のため」の視点を常に念頭におき治療開発を心がけております。

スタッフの紹介

先端医療研究室長
大月 和宣

アンケートにご協力ください