麻酔科

概要

手術を受ける患者様の麻酔管理を担当します。術前評価(気道・呼吸・循環・代謝・神経系合併症の把握)を各診療科とともに施行し、麻酔管理を計画します。手術術式や術前の全身状態に応じて、麻酔方法(全身麻酔・硬膜外麻酔・腰椎麻酔・神経ブロック及びそれらの組み合わせ)を選択します。安全に手術が進行していくように、患者様の状態(呼吸・循環・中枢神経系等)をモニタリングしていきます。手術中及び手術後の合併症を減らすよう努力し、術後疼痛を軽減することで、日常生活への早期復帰につながる麻酔・周術期管理を目指します。

特徴

代表的手術で選択される麻酔方法を示します。

・移植手術(レシピエント:腎/膵腎) 全身麻酔
・移植手術(ドナー:生体腎)     全身麻酔(+硬膜外麻酔)
・消化器外科手術          全身麻酔(+硬膜外麻酔)
・整形外科(人工膝関節置換術)    全身麻酔(+硬膜外麻酔)
・整形外科(大腿骨骨折)       全身麻酔または腰椎/硬膜外麻酔
・内科  (腹膜透析カテ留置術)   全身麻酔

高齢者や内科的合併症を持つ患者様の麻酔・周術期管理にも可能な範囲で対応します。
麻酔説明用冊子(手術を受けることが決定した患者さんへ)をお渡しし、説明を理解
していただいた上での麻酔診療を目指します。
麻酔科術前外来(毎週月曜9時-10時)を開設し、短期入院の患者様や、内科的合併症
を有する患者様に利用していただいています。(診療科による予約制です)
初期臨床研修医教育にも協力し、安全な麻酔管理・気道管理を指導しています。
診療科連携・他施設連携を行い、臨床研究で解明された事項を実際の患者様の麻酔・
周術期管理に応用していくことを目標とします。

担当医

麻酔科医長 崔 俊人
◆日本麻酔科学会 認定医
◆麻酔科標榜医
◆医学博士


アンケートにご協力ください