整形外科

特徴

整形外科は、四肢(手・足など)や背骨の病気や外傷を取り扱い、治療する科です。単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を回復させることを目的とします。運動機能の回復が十分に得られない場合には、残った機能を最大限に活用して、生活を改善させることも整形外科の役割であります。この際リハビリテーションが重要となります。
当科では、関節疾患や脊椎疾患、一般整形外科疾患を扱っており、手術的治療、保存的治療を、症例に応じて適応し、しっかりとしたインフォームドコンセントを行い、患者様に満足して頂ける治療を目指しております。
主な対象疾患としては、関節疾患では、変形性膝関節症など膝関節を中心として、関節鏡視下手術、人工関節置換術など、脊椎疾患では、腰部脊柱管狭窄症等の治療を行っております。

担当医

医長 勝見明
◆医学博士
◆日本整形外科学会専門医
◆日本整形外科学会認定スポーツ医
◆日本体育協会公認スポーツドクター
◆専門 関節疾患
df001


リハビリテーション科医長 田原正道
◆医学博士
◆日本整形外科学会専門医
◆専門 関節疾患

 


医師 赤津頼一
◆医学博士
◆日本整形外科学会専門医
◆専門 関節疾患


 

診察日

◆一般外来  月曜、木曜、金曜  受付時間 8:30~11:00
◆側弯症外来 側弯症外来は平成28年9月12日をもって終了となりました。ご不便をおかけして誠に申し訳ありませんが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

アンケートにご協力ください