乳房撮影(マンモグラフィ)

特徴

乳房は皮膚や脂肪、乳腺など軟らかい組織から構成されており、それぞれの組織の違いを画像にするために専用のX線装置を使用して撮影します。

マンモグラフィ検査において、乳房を伸展させ圧迫することは必要不可欠です。乳房を薄く広げ固定することでコントラストと解像度の向上、ボケの減少、被ばく線量の低減効果があります。

乳房撮影装置 LORAD M-Ⅳ

 

 

 

 

乳房撮影画像

 

 

 

 

検査上の注意

当院では検診マンモグラフィ撮影認定資格を有する女性技師が検査を担当します。

マンモグラフィ検査は薄い肌着でも写真にうつりこんでしまうため専用の検査着に着替えていただきます。

撮影時間は15分程度です

乳腺が硬く、伸展しにくいような乳房や、乳腺が張った時期などでは圧迫時に強い痛みをともなうことがあります。どうしても我慢できないときは検査中に遠慮せずに技師にお伝え下さい。

アンケートにご協力ください