RI(核医学)

特徴

RI検査は微量の放射線を出す薬(RI、アイソトープ)を静脈から注射して、特定の臓器や病気の部分に集まった薬の放射線をガンマカメラと呼ばれるカメラで撮影し、その分布を画像化します。RI検査に使用する薬の種類は検査目的により異なり、骨疾患、腫瘍・炎症疾患やさまざまな臓器の機能評価に用いられています。

使用する薬は微量であり、放射能の減衰(放射線を出さない物質に変わること)や体からの排泄により、早いものでは数時間で遅くても数日でなくなります。また副作用が非常に少なく、その安全性は確立されています。

当院では、主に脳、心臓、腎、全身骨の検査を行っています。


Symbia S(シーメンス)

 

 

 

 

 

 

全身骨画像

 

 

 

 

 

ドパミントランスポーター画像
パーキンソン症候群やレビー小体型認知症の診断に役立ちます。

 

 

 

検査上の注意

RI検査の撮影時間は30~40分程度ですが、注射をしてから撮影までの待ち時間が2~5時間かかる場合もあります。待ち時間の間は放射線科から移動しても結構です。

使用する薬、検査の目的によって検査の流れや食事制限などが異なりますので、検査予約の際に病院スタッフから詳しい説明を聞いてください。

不安なことや、わからないことがありましたら、検査担当者に遠慮なくご相談ください。

アンケートにご協力ください