形成外科

特徴

当院形成外科は、平成17年4月に設立され、5月より本格始動しました。県内で形成外科のある病院はまだまだ少ないですが、昨今その需要は増大して来ております。われわれは、地域医療関連施設と連携を図りつつ、しっかりとした医療技術と患者さまとのコミュニケーションを大切にし、皆様の社会生活の質(QOL)の向上のために診療活動を行っていきたいと思っております。

担当医

医長 千明信一

医師 有川 理紗


 

 


※ その他、国際形成外科学会、日本美容外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本口蓋裂学会、日本先天異常学会、日本皮膚科学会など多くの学会に参加しております。

 

外来診療

土日祝
午前
(9:00~12:00)
千明  有川 千明 手術日  有川 休診
午後
(13:30~16:30)
入院手術 外来手術 入院手術 外来手術 休診

※ 診療時間は、月・水の9:00~12:00です。受付は8:30~11:00です。
※ ただし、急患はこの限りではありません。急患として来院される際は、電話(043-261-5171)にて診療可能かお問い合わせください。

形成外科とは・・・

「形成外科」は、「先天性および後天性の身体外表の形や、色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科手技により、形態解剖学的に正常に近づけることを手段とし、その目的は個人を社会に適応させるものである。」と定義されています。
やさしく言い換えると、「形成外科は、体の表面の何らかの異常を、主に手術をすることで正常に近づける(美しく治す)ための診療科」と言えるでしょう。ですから、現在マスメディアなどでもてはやされている「美容外科(美容整形)」も、広い意味で「形成外科」の一分野となります。
日本形成外科学会(http://www.jsprs.or.jp/)では、「形成外科」を、2つの専門分野に分類しています。一つは、組織の異常、変形や欠損などの「疾患」を治療対象とする「再建外科」であり、もう一つは、疾患とは言えないが、ご自身が大変気にしている微妙な形状を治療対象とする「美容外科」です。再建外科は「生まれつきの、またはけがや癌などで変形したり失われた体の表面や骨の異常を、機能の回復のみならず形も正常に近い状態に再建し、QOLの向上に貢献する」専門領域です。また、「美容外科」は、客観的には病気と認められない細微な形態変化を外科的に修復して、生活の満足度を向上させる専門分野と言えます。ただし、医療法上は「形成外科」と「美容外科」は各々独立した標榜科となっています。

「形成外科」と「整形外科」の違い

「形成外科」と「整形外科」の違い
一般の方のみならず、医療関係者の間でも「形成外科」と「整形外科」は正しく認識されていないことがあります。「形成外科」については、前述しました。
「整形外科」は「人体の運動器官の病気や外傷(ケガ)を取り扱う医学の一部門で、背骨・手・足など全身の運動器官を造りあげている骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療し研究する分野」です。
やさしく言い換えると、「形成外科」は、皮膚や軟部組織など体の表面に変化が見える病気、「整形外科」は、骨や筋肉など体の深部で運動機能が障害される病気を取り扱うといえるでしょう。しかし、両方の診療科ともに境界がはっきりしない病気もあり、病院や医師によっても治療している病気は違います。迷った場合は、病院のホームページやパンフレットなどでお確かめください。

「形成外科」と「美容整形」について

わが国における美容外科の歴史は古く、当時は皮膚科、泌尿器科、耳鼻科、眼科、産婦人科、外科といったいろいろな科の先生や、クリニックなどの開業医の先生方が参加して行われていました。以前は「美容整形」と呼ばれていましたが、1978年に「美容外科」という標榜科が正式に法律で認められました。一般に言われている「美容整形」という名称はその名残りであり、現在では使われません。

アンケートにご協力ください