生化学検査


生化学検査は、血液を遠心分離し得られた血清等を生化学的に分析する検査のことです。この検査により、肝臓や腎臓等の異常や病状を把握することができます。

2008年6月より2台の分析装置を導入し、毎時最大2500項目の測定が可能となりました。
これにより迅速で正確な測定が可能となり、診察前検査の至急報告に対応しております。


生化学検査基準値へリンク

アンケートにご協力ください