血液学的検査

血液学的検査には血球算定・血液細胞形態検査、血栓・止血関連検査、細胞性免疫検査が含まれます。
赤血球や血色素から貧血の有無や程度を、白血球の多さから炎症の程度などを把握します。顕微鏡目視により赤血球や白血球などに形態異常がないかなどの検査もします。
血栓・止血関連検査では、肝臓で作られる凝固因子と言われるものを測定します。血液が凝固しにくい出血性疾患や、血栓ができやすい血栓性疾患の場合に検査します。また抗血栓療法のためにお薬を服用されている方へのモニタリングにも使用されます。



多項目自動血球分析装置



末梢血液像

アンケートにご協力ください