生化学検査基準値リンク

生化学検査結果基準値

血液は全身の臓器を巡っています。この血液を試験管の中に入れて静置しておくと凝固して血球成分が下に沈み、上澄みに血清と呼ばれる透明な薄黄色の液体が出来ます。生化学検査や血清検査はこの血清を用います。生化学検査は血清や尿などを生化学分析装置を用いて酵素や生化学物質を定量的に検査します。血清検査は抗原抗体反応を用いた検査で、感染症やアレルギー、腫瘍マーカー、ホルモン等を定量的に検査します。また、この基準値は絶対的なものではありません。健康な人の平均値を取ったものでこの基準値から外れたからといって直ぐに異常とは言えません。必ず担当医師から説明を受けて下さい。

項目 基準値 単位 説明
AST(GOT)アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ 13~33 U/l ASTは肝臓・心臓・骨格筋・赤血球に多く含まれる酵素です。また、ALTは主に肝臓にある酵素です。これらの臓器細胞が壊れるとASTやALT酵素が血液中に出てきます。ですから血液中のこの酵素量を測定することにより障害の程度が分かります。
ALT(GPT)アラニンアミノトランスフェラーゼ 8~42 U/l
LDH乳酸脱水素酵素 119~229 U/l 肝臓、赤血球、筋肉などいろいろな細胞の中にあり、これらの細胞が障害されると血中の出来てきます。5種類のLDHがあり(アイソザイムと言います)、これを検査することによって臓器の特定が出来ます。
ALPアルカリホスファターゼ 115~359 U/l 肝臓、骨、小腸に多く含まれる酵素で、これらの細胞が障害されると血中に出てきます。また、胎盤にも多く含まれるので妊娠後期にはALPは上昇します。
ChEコリンエステラーゼ 214~466 U/l 肝臓、膵臓、腸、赤血球、神経組織に多く含まれる酵素です。高値の場合はネフローゼ症候群や脂肪肝が、また低値の場合は肝炎や肝硬変、農薬中毒などが疑われます。
γ-GTPγグルタミルトランスペプチダーゼ 10~47 U/l 肝臓の解毒作用に関与する酵素で、肝細胞や胆管が壊れると血液中に出てきます。特にアルコールによる肝障害で高くなります。
AMYアミラーゼ 37~125 U/l 消化酵素の一つで主に膵臓や唾液腺から分泌されます。高値の場合は、膵炎、急性胆嚢炎、急性虫垂炎、化膿性耳下腺炎、唾液腺閉塞、腎不全などの疑いがあります。低値の場合は、ウイルス性肝炎、中毒性肝炎、肝硬変などが疑われます。
CKクレアチンホスホキナーゼ M 62~287 U/l 骨格筋、平滑筋、心筋などに多く含まれる酵素で、これらの細胞が障害されると血中に出てきます。三種類のCPKがあり(アイソザイム)、これらを検査することにより臓器を特定できます。高値の場合は心筋梗塞、心筋炎、筋ジストロフィー、甲状腺機能低下が疑われますが運動でも高値を示しますので医師の説明を受けて下さい。
F  45~163
T-Bil総ビリルビン 0.3~1.2 mg/dl 赤血球は約120日で分解され、この時に出来るのがビリルビンです。ビリルビンは肝臓へ運ばれタンパクと結合して直接ビリルビンとなります。タンパクと結合していないものを間接ビリルビンと言い、この両者を併せて総ビリルビンと呼びます。ビリルビンが増えて皮膚や眼の結膜が黄色くなることを黄疸と言います。直接ビリルビンが高値の場合は、肝臓が悪くて排出できない、あるいは排出しても胆道がつまっていて流れない(閉塞性黄疸)になります。間接ビリルビンが高値の場合は、肝臓機能よりも赤血球が壊れている(溶血性黄疸)が考えられます。
D-Bil直接ビリルビン <0.4 mg/dl
ZTT硫酸亜鉛混濁試験 1~1.3 K-U 肝疾患急性期後ならびに慢性肝疾患の経過観察、再燃の程度を知る指標として用いられます。
TP総タンパク 6.7~8.3 g/dl 血液中にはアルブミンやグロブリンと呼ばれるタンパク質の他に沢山のタンパク質が存在します。これら血液中に含まれるタンパク質の総量です。肝機能低下や栄養失調などで低下します。
Albアルブミン 4.0~5.0 g/dl 肝臓で作られるタンパク質で、体内の水分量を調節しています。腎臓や肝臓機能が低下するとアルブミンも低下し浮腫や腹水、胸水のように体内に水が溜まるようになります。
T-cho総コレステロール 128~219 mg/dl 脂肪の一種でホルモンやビタミンD、胆汁酸などの原料となる生体にとっては重要な物質です。食事からも摂取されますが、多くは肝臓で合成されます。高コレステロール値のままにしておくと動脈硬化、脳梗塞や高脂血症などさまざまな病気の原因となります。
TG中性脂肪 30~149 mg/dl 生体内ではエネルギーの貯蔵物質としての役割をしている。しかし、飢えや寒さに耐え忍ぶ必要のない現代では、TGの蓄え過ぎが問題となっています。
HDL-CHDLコレステロール 41~96 mg/dl 高比重のコレステロールで、血管壁に溜まったコレステロールを肝臓へ運ぶ役割を持っているため善玉コレステロールと呼ばれます。
BUN尿素窒素 8~22 mg/dl タンパク質の終末代謝産物で肝臓で合成され腎臓から排出されます。腎炎などで高値になります。
Creクレアチニン M 0.6~1.1 mg/dl クレアチニンとは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種でクレアチンリン酸が代謝されたできた老廃物であり腎臓で排出されます。血中のCreが高値の場合は腎障害が疑われます。低値の場合は筋肉の障害が疑われます。
F 0.4~0.7
UA尿酸 M 3.6~7.0 mg/dl 尿酸はタンパク質代謝の中でもプリン体の代謝によって出来た老廃物で腎臓から排泄されます。高値になると尿酸が結晶化して関節などに溜まります。これが痛風という病気です。
F 2.3~7.0
Naナトリウム 138~146 mE/l これらは電解質と呼ばれ、細胞の内外に含まれ体の浸透圧やpHを一定に保つ働きをしている。これは神経と筋肉が働くのに重要な意味があります。NaとClは主に細胞外にあり水分の指標となります。Naが高値の場合は脱水や低タンパク血漿が考えられ低値の場合は嘔吐や下痢、ネフローゼなどが考えられます。Kは主に細胞の中にあります。腎不全などでは高値になり、嘔吐や下痢では低値になります。
Kカリウム 3.6~4.9 mE/l
Clクロール 99~109 mE/l
Caカルシウム 8.7~10.3 mg/dl CaとIPは密接な関係があり骨や歯の構成に関わっています。Caは神経や血液中にあり精神安定や筋肉の収縮、出血を止めるなど重要な働きをしています。IPは細胞膜や核酸を作りエネルギーの運搬、貯蔵、神経機能を正常に保つ重要な働きがあります。これらが不足すると歯周病、骨軟化症、筋肉の衰え、疲れやすくなるなどの症状がでます。
IP無機リン 2.5~4.7 mg/dl
Mgマグネシウム 1.8~2.4 mg/dl マグネシウムは、細胞内の酵素のはたらきに関係していて、細胞内に高濃度に含まれています。血清中の濃度の異常は、しびれ、テタニー(筋けいれん)、抑うつ状態などと関係があります。
Fe鉄 M 54~181 μg/dl Feはトランスフェリンと呼ばれる鉄輸送タンパク質と結合しています。しかし全てのてのFeが結合している訳ではなく、血清中のトランスフェリンは1/3が鉄と結合し、2/3は鉄と未結合の状態で存在しています。UIBCとは、鉄と未結合状態のトランスフェリンに結合できる鉄の量のことです。
Feが高値の場合は肝硬変や再生不良性貧血、無効造血などが考えられ、低値の場合は鉄欠乏性貧血や多血症が疑われます。鉄欠乏性貧血のように、鉄の量が減少すれば、未結合状態のトランスフェリンが増加するので、UIBCも増加します。
F 43~172
UIBC不飽和鉄結合能 M 111~255 μg/dl
F 137~325
TIBC総鉄結合能 M 231~385 μg/dl
F 251~398
血清Glu血清血糖 69~104 mg/dl 血糖は採血した時のブドウ糖の量を表します。HbA1cとは赤血球中のヘモグロビンとブドウ糖が結合したものです。赤血球の寿命が120日位ですからHbA1cを測定することにより1~2ケ月前の血糖の状態が分かります。高い血糖値が続いているとHbA1cも高くなることから糖尿病の検査に使われます。
血漿Glu血漿血糖 80~112 mg/dl
HbA1cグリコヘモグロビンA1c 4.3~5.8
NH3アンモニア 12~66 μg/dl 体内でできるアンモニアは肝臓で処理され尿素へと変えられます。しかし肝硬変や劇症肝炎などで肝機能が低下すると肝臓は体内のアンモニアを処理しきれず、血液中のアンモニア値が高くなります。肝硬変・劇症肝炎にともなう肝性昏睡(肝性脳症)の病態を把握するのに重要な検査項目です。
血清OSM血清浸透圧 275~290 mOsm/kg 血清の浸透圧を測定することにより濃縮または、希釈の傾向を知ることができます。
Cys-CシスタチンC 0.5~0.9 mg/l シスタチンCは腎機能を正確に反映する検査です。糖尿病性腎症をはじめとする腎疾患の早期診断や腎機能低下の進行を把握等に用いられます。

アンケートにご協力ください