輸血検査

輸血は、赤血球や凝固因子など、各成分の機能や量が低下したとき、
その成分を補う治療法であり、臓器移植と同様に細胞移植です。
手術で出血が想定される場合も輸血の準備をします。
輸血を行う前には患者様に安全な輸血療法を受けていただくために、
血液型検査、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験を行っています。


アンケートにご協力ください