細菌検査

一般細菌検査


一般細菌検査では、感染症(肺炎、膀胱炎、食中毒など)を発症または疑いのある患者様の検体(喀痰・尿・便・血液・髄液・膿など)を微生物が成長するために必要な栄養素を含む寒天培地に塗り、培養し、肉眼で確認できるように発育増殖させ原因菌を検出します。
また、その菌にどの抗生剤が有効かを調べます。



抗酸菌検査

塗抹検査(蛍光染色法)


抗酸菌は大まかに結核菌と非定型抗酸菌とに分類されます。
抗酸菌は一般細菌に比べ発育が非常に遅い為に、以前は菌名が同定されるまでには1ヶ月から2ヶ月程の期間を要していました。しかし近年、遺伝子検査が導入されるようになってからは、結核菌などの一部のものに関しては2日から3日で検出することも可能になりました。

抗酸菌検査には塗抹検査(蛍光染色法)・培養検査(液体・固形培地)・核酸増幅法(PCR法)・核酸同定検査を行っています。



培養検査(固形培地)



迅速検査

インフルエンザウイルスなどの抗原を短時間で検出できるキッドを多数採用しています。

◆インフルエンザウイルス抗原
◆ノロウイルス抗原
◆ロタ・アデノウイルス抗原
◆アデノウイルス抗原
◆クロストリジウム・ディフィシルTOXIN A抗原
◆尿中レジオネラ抗原
◆尿中肺炎球菌抗原
◆溶血性連鎖球菌抗原

アンケートにご協力ください