病理検査

病理検査室では、臨床各科から内視鏡や手術により採取された組織検体の組織診断や細胞検体の細胞診断、病理解剖を実施しています。病理診断は病変の最終診断となり、治療方針や手術の可否決定など、重要な役割を担っています。

また当院は、腎臓の専門スタッフが多数在籍しており、年間を通して豊富な症例数を誇っています。腎生検の診断においては、凍結標本による免疫染色や電子顕微鏡による診断も当院で実施しています。院外からの受託検査も実施しています。

 

組織診断

患者さんから採取された組織から標本を作製し、顕微鏡観察を行って病気の診断を行います。手術で切除された組織や、内視鏡検査や針を刺して採取された組織に対し、どのような種類の病変なのか、腫瘍の存在の有無などを診断しています。

 

細胞診断

尿、喀痰、甲状腺、体腔液等の検体から作製した標本を顕微鏡観察により悪性細胞の有無などを診断しています。

 

病理解剖

ご遺族の承認をいただき、亡くなられた患者さんの死亡原因、治療効果などを判定し、医療の進歩に役立つよう努めています。


自動免疫組織化学染色装置
(ベンタナ ベンチマークGX)

電子顕微鏡

 

受託用腎生検凍結標本作成法はこちらをご覧ください!

 

アンケートにご協力ください