病理検査

内視鏡や手術などにより摘出された組織を顕微鏡で見えるように加工・染色し、病理医が良悪性病変の診断を行う組織学的検査と喀痰・尿・胸腹水中などに剥離した細胞や直接腫瘍部分より吸引・擦過により採取した細胞を染色・鏡検し、良悪性を判断する細胞診検査を実施しています。


当院では、腎臓専門のスタッフが揃っており、腎生検の診断においては外部から受託検査も実施、電子顕微鏡による診断もおこなっています。







受託用腎生検凍結標本作成法はこちらをご覧ください!

アンケートにご協力ください