眼科

担当医

医長 今井 直樹  眼科専門医

◆外来診療日
月・水・木・金曜日

眼科の紹介

当院眼科は平成16年4月より本格始動しました。(それまでは、通常の外来診療はありませんでした。)次に、当院眼科は、基本的に一般眼科で、すべての病気に対応するよう準備しておりますが、当院の主だった特徴をご説明したいと存じます。
全身の病気に伴う眼の病気
①高血圧、腎障害、糖尿病に伴う目の病気、 カメラのフィルムにあたる眼の場所を眼底・網膜といいます。眼底は外から比較的容易に観察できます。ある意味、眼底は全身の窓とも言え、これを通して血管の変化、脳の変化が現れることがあります。高血圧・腎障害・糖尿病が進行すると、眼底の血管の循環が悪くなり、見えなくなるなどの症状が出てきて、治療が必要になることがあります。特に糖尿病による網膜症は、誰でも要注意です。 (糖尿病のページへ) また、脳血管の出血、梗塞でも、左右の半分が見えなくなる、物が二つに見えるなどの異常がでてくる時があります。
②白内障(白内障のページへ)白内障は40歳以上のほぼ全員に出てきます。(白内障は、実は老眼とも関係があるのです。)昔は「しろそこひ」などといわれ、失明の原因のひとつともされてきました。しかしながら、現在では手術によって治療可能になたこと、また失明になるほどひどくなるまで放っておく患者さんが少なくなったため、白内障で失明ということは昔の話になりました。当院でも手術治療を行っています。日帰り手術も可能な時代ですが、安全を考慮して当院では入院していただいています。
③緑内障(緑内障のページへ)緑内障は40歳以上の人口のうち、3.65%(多治見スタディ)30人に一人ということがわかりました。大体小学校のクラスのうち、1人は緑内障に罹患しているという計算です。全国では約200万人と推定されています。ところが、その内の80%の人達が自身では緑内障に気づいていないということもわかりました。40歳以上の17人に1人という報告が出ています。また、日本人は欧米人に比べて緑内障になりやすい傾向があります。昔は「あおそこひ」といわれていました。白内障と違い、現在でも失明の原因の上位を占める病気です。 簡単にいうと、視神経が徐々に痛んでしまう病気です。病期にあった的確な診断と治療を必要とする病気と思われます。以上当院で扱う比較的身近で主な病気、について簡単にのべさせていただきました。不明な点、その他の病気についても遠慮なく質問してください。

アンケートにご協力ください