薬剤部

概要

私たち薬剤部スタッフは薬剤師9名助手1名で業務を行っています。私たちは病院の中で使われる薬(内服薬・外用薬・注射薬)や患者さんが入院時に持参された薬、また外来患者さんが調剤薬局へお持ちになる院外処方せんなどに関与し、医師、看護師や他の医療スタッフと協働して患者さんが安心して治療を続けられるように、責任を持って業務を行っています。また薬学生の病院実習受入れも行っており、将来の薬剤師の育成に貢献しています。

担当薬剤師

薬剤師  9名(治験主任を含む)

薬剤助手 1名

 

当院薬剤部の特徴

私たち病院薬剤師は、病院の中で使われる「薬」をとおして患者さんの治療に関わっています。例えば、当院では医薬分業の推進のために、院外処方せんを発行していますが、患者さんが「かかりつけ薬局」を見つける応援をしたり、調剤薬局からの問い合わせに対応しています。また、入院患者さんに対しては安心して薬物治療を続けられるように薬剤管理指導業務(服薬指導)を行っています。これは、担当薬剤師が患者さんのベッドサイドへ直接伺い、薬の作用、注意点についての説明や副作用の早期発見のためのモニタリングを行うとともに薬に対する不安などを取り除けるよう話をしています。さらに、治験の推進のために治験薬の保管管理、治験薬の調剤や調製を全員で協力して行っており、治験が安全に正確に行えるように努めています。

調剤

①内服薬・外用薬

医師の処方せんに基づいて、患者さんが薬を適切に使用できるように、薬の量、服用時間、飲み合わせの悪い薬の確認や、必要に応じて錠剤・カプセル剤の「一包化」や「粉砕」をして、薬を作っています。

②注射薬

内服薬と同様に処方せんを確認したうえで、取り揃え、患者さん一人分ずつをトレイに載せて、病棟に払いだしています。また、抗がん剤、中心静脈栄養輸液(高カロリー輸液)や臓器移植用灌流液は、無菌的に安全に作る必要があるため、薬剤部内無菌室での清潔な環境下で薬剤師が調製しています。

チーム医療

私たち薬剤部ではチーム医療にも積極的に取り組んでいます。薬剤師が参加しているチーム医療には感染制御チーム(ICT)や栄養サポートチーム(NST)、褥創委員会があり、他の職種の方々と協力し、患者さんに質の高い医療を提供できるように努めています。他にも医師のカンファレンスにも参加することで、患者さんの最新の情報を把握し、薬剤管理指導業務をはじめとする日々の業務に役立てています。

患者向け教室

①リウマチ教室・膠原病教室

平成25年度から薬剤師も参加し、薬物治療について話をしています。注意しなければいけない副作用、特殊な飲み方をする薬の服用方法や適正な薬の量を決めるために血中濃度を測るので服用時間を守ってもらう話などをしています。

②腎臓病教室

成人、小児の患者さんに教室を開いておりその中で薬物療法について薬剤師が話しています。小児の場合は年齢で2つに分けて話をしていますが、さらに薬剤部見学ツアーを開催し薬を飲む理由を理解してもらうことに役立っています。成人患者さんに対しては、1週間の「CKD検査教育入院」の中で、薬について集団指導や個別指導を行い、薬を正しく飲んでもらうことの重要性を理解してもらっています。

③糖尿病教室

医師、看護師、栄養士らと共に、薬剤師は糖尿病治療のひとつである薬物療法について説明をしています。

移植と結核

①移植

当院では、腎移植を中心にした移植医療も積極的に行っています。薬剤部では臓器移植用灌流液の無菌調製や、移植患者さんに対して手術前から積極的に関わり、免疫抑制剤を中心とした薬物療法の重要性や副作用の理解の向上に貢献しています。

②結核

結核患者さんは自覚症状が少ないため薬を飲み忘れることが問題になっています。そこで病棟では看護師による直接服薬確認治療が行われています。薬剤師もこれに積極的に関わり飲み忘れの防止のために服薬支援を行っています。3ヵ月に一度の保健所とのカンファレンスに医師・看護師・ソーシャルワーカーとともに参加し、患者さんが自宅へ帰っても安心して内服を続けられるよう連携を図ったり、治療成績の評価などを行っています。

薬学生の病院実習

当院では、薬学生の病院実習を受け入れています。病院実習は1年に3~6人の薬学生を、1期2.5ヶ月で1年を3期に分けて行っています。薬学生自身は卒業後、薬剤師として即社会で通用するように、毎日実習に取り組んでいますので患者さんからの温かい声援をよろしくお願いします。

アンケートにご協力ください